ダイエットしながら鍛える

ダイエットしながら鍛える方法があります。それは加圧トレーニングです。 - ダイエットしながら身体も鍛えられる加圧トレーニング

ダイエットしながら身体も鍛えられる加圧トレーニング

ダイエットしながら身体も鍛えられる加圧トレーニング

身体に圧力を加えて血液の流れを制限し、その後トレーニングをするのが加圧トレーニングで今話題になっています。
とっても効果があり、それは加圧をせずに非常に激しいトレーニングをした場合と同じ程度の効果があることが実証されています。
1993年には特許申請をされている画期的なトレーニング方法です。
短期間・短時間・低負荷で効果が出るわけですからスタイルを気にする女性やダイエットをしたい女性はとびつきました。
スポーツジムで女性が増えたのはころ加圧トレーニングをしたいからでもあります。
血液の流れを制限することに秘密があります。
これによって脳は低負荷な運動でも激しい運動をしたと錯覚します。
筋肉に疲労物質である乳酸が蓄積して成長ホルモンが活発に分泌されるようになります。
脂肪が筋肉になってくれるのです。
fdrtrs
一般的にはそれほど疲れないトレーニングでも、加圧トレーニングをすれば相当の疲労感になります。
ですから、実際のトレーニングは10分程度で充分です。
終われば加圧トレーニング専門のベルトを外します。

身体にどんな変化があるのか?

活発になっていた成長ホルモンは分泌を促進させます。
乳酸を分解させてさらには脂肪も分解させます。
一回実施した加圧トレーニングの成果は1日から2日かけてじっくりじっくりと身体全体に現れてきます。
ですから加圧トレーニングは1週間に1回から2回すれば充分なのです。
効果があるからといって毎日するのは逆効果です。

加圧トレーニングのメリット

時間がかかりませんから忙しい人でも無理なく実行できます。
軽い負荷の運動でいいので怪我の心配もありません。
病気のリハビリに使ったり運動不足の人にも採用されているトレーニング方法です。
加圧トレーニングで分泌が促進される成長ホルモンは体細胞の活性化にも役立ちます。
アンチエイジング効果も期待できます。
骨折した場合の早期回復や骨粗鬆症も改善します。
ダイエットのみならず身体も鍛えられるし健康維持もできるのです。

まとめ

今では有名なアスリートならば加圧トレーニングを練習メニューに入れています。
注意しなければならないのは知識がないのに自己流でやることです。
これはとても危険で効果がでないばかりか悪影響になります。
適度な血液の流れをキープするには加圧トレーニング専門のベルトを使用しなければなりません。
専門のトレーナーの指導の下、実施するのが安全です。
加圧トレーニングの効果は素晴らしいですが、間違ったやり方をすると非常に危険です。
スポーツジムに通うことを強くお勧めします。
一週間に一回30分程度のトレーニングをすることで筋力アップできる話題のトレーニングがあります。
それが加圧トレーニングです。
さらには美容効果もあるので女性にも人気がでてきています。
今回は【スポーツ選手も注目している加圧トレーニング】に注目してみましょう!

今、話題の加圧トレーニング!

スポーツや運動や筋トレに興味があるならば、雑誌・口コミ・宣伝広告で見聞きしたことがあると思います。
実際にスポーツ選手の中にも有効活用している選手が多いです。
急激に成績を上げているアスリートの大部分はこの加圧トレーニングを練習メニューに入れています。
この加圧トレーニングの特徴は、血流量を制限した状態でトレーニングすることにあります。
それによって成長ホルモンの分泌が盛んになります。
具体的には腕と脚の付け根に加圧トレーニングの為に開発された特殊なベルトを装着します。
血液の流れ方を調整することにより内分泌系の活性が高まります。
血液中に疲労物質の乳酸が蓄積してゆきます。
人間の身体はこの状態を回復しようとします。
体内の働きによって、ますます成長ホルモン分泌が盛んになります。
こういったメカニズムでより効果的な効果が期待できるのが加圧トレーニングです。
効果には個人差があります。

スポーツ選手のみならず運動不足の人は年輩の人でもこなせます

一般的なウエイトトレーニングの場合は主に遅筋繊維が使われます。
一方加圧トレーニングの場合は速筋繊維を使って運動することになります。
軽いトレーニングでもハードなウエイトトレーニングと同等の効果が生まれます。

まとめ

身体の関節にトラブルを抱えているスポーツ選手でも加圧トレーニングをしている例があります。
それは一般的な負荷よりも軽い負担で同等の効果が期待できるからです。
加圧トレーニングをするには血流量を適切にコントロールできる専門資格を持ったトレーナーの指導の下ですることが大切です。
安全面・健康面に注意して加圧トレーニングをはじめてみてはどうでしょうか?
加圧トレーニングに対応しているスポーツジムも増えてきています。

更新情報

アーカイブ

トレーニング しっかりとダイエット 加圧トレーニング 加圧トレーニングでダイエット
Copyright(C)2015 ダイエットしながら鍛える All Rights Reserved.